期間工の福利厚生を知ろう!

期間工として働くなら知っておきたい!

あまり聞き慣れない言葉であり、どのようなことをいうのかわからないという人も多い期間工という働き方ですが、電子部品や車の生産工場などが繁忙期で人手が足りないときに働く人たちをいいます。また期間工は工場など直接働く会社に雇われる社員であり、派遣社員のように派遣会社と契約をしている訳ではありません。一見、独特な雇用形態に思う人もいますが実際に福利厚生などはどうなっているのか気になりますよね。期間工は労働基準法に既定されている雇用方法であり、契約を解約されると社会保障を受けることができます。また6か月以上勤務をすることにより次年有給休暇も取得する権利が発生します。このほかにも失業保険ももらうことが可能です。

具体的な福利厚生とは?

期間工は正社員と違い、継続的な雇用契約を結んでいるわけではありませんが働く工場などに直接雇用されているため、アルバイトや派遣社員よりも正社員に近い立場ともいえます。社会保険については正社員しか加入することができないわけではなく、期間工についても正社員同様に加入することができるため保険料を会社側が半分払ってくれるのです。また年金については一般的に国民年金と、会社に所属していると厚生年金に加入することが可能な場合がありますが、期間工は会社側が半分費用を負担してくれる厚生年金に入ることができます。このほかにも会社が寮を用意している場合は光熱費や家賃、食費などの費用を負担してくれたり、保養施設の割引などの恩恵を受けることが可能である場合もあります。